上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
無料の掲示板などによく「このFX業者はよくなかった!」とか「ここのFX業者はよかった」などの書き込みが書かれているケースがあると思うのですが、ああいう類のものはあまり信用しない方が良いと思います。

ああいうのは、だいたいライバル会社の工作員が自作自演で書き込みしたりしているケースが多いのです。

基本的に、無料で書き込まれている情報は信じない方が良いと思います。
スポンサーサイト
FXを始める前に||TOP↑
外国為替証拠金取引(FX)を始める為の第一歩として、「情報収集」が大切になります。

取引に有益な情報はどこから集めるのか?
その情報をどういった場合に利用するのか?
為替レートを動かす要因は?
アメリカ経済がどうだったら買うのか?売るのか?

FX初心者がこうした知識を独学で得るには、相当な時間を費やすことになるでしょう。
≫「役立つ情報は無料で拾おう」の全文を読む
FXを始める前に||TOP↑
無料で得られる情報はいろいろありますが、これからFXを始めようとする方はヘッドラインニュースを見る習慣をつけましょう。ヘッドラインニュースは、書き手の主観が入らず、事実関係のみが記載されている中立な情報です。

ヘッドラインでは、一日の為替市場の大まかな流れが把握できます。それと同時にチャートもチェックすることによって、ニュースと通貨の動きの関係が自然と身につくようになります。

FX会社では、ほとんどがヘッドラインニュースを提供しています。チャートは無料で提供する会社もあれば、トレードシステムの中に組み込まれていて、口座開設して会員登録登録しなければ利用できない会社もあります。


≫「為替に関する基礎知識を身につけよう」の全文を読む
FXを始める前に||TOP↑
常にリアルタイムで変動し続ける為替相場に関する情報やニュースは、
最新の情報がわかるインターネットやメールサービスを利用がするのがベターです。

さらに、FXトレードに有効となる外国為替市場に特化した情報を得ようとするならば、
FX会社が配信する情報を抑えておくことが、より詳しくコアな情報といえます。

外国為替証拠金取引(FX)を取り扱っている会社が配信する情報は、オリジナルの情報もあれば、別の情報ベンダーから買い取った情報や為替アナリスト・現役トレーダーのレポートなどで、参考になる情報が満載されています。


≫「よりコアな情報を得るには」の全文を読む
FXを始める前に||TOP↑
空前の低金利時代が続いている日本では、10万円を1年定期に預けても1年後の利息はほとんどゼロ。2005年4月からは、ペイオフの全面解禁により、ほとんどの種類の預金が1千万円とその利息しか保証されなくなってしまいましたね。。。

一国の中枢的地位を占める中央銀行が、一般の銀行などに貸し出す場合の「政策金利」は僅か0.5%です。。。他国と比べてどのくらい低いかというと、、、

南ア  NZ  豪州  英国  欧州  カナダ  米国   日本
9.50  3.00  3.25  0.50   1.25   0.50   0.25   0.10

≫「日本の低金利商品よりも高金利の外貨預金が有利」の全文を読む
FXの特徴を知ろう||TOP↑
1998年の外為法が改正された時は、まず外貨預金が注目を集めました。その後、少ない手持ち金でも大きなリターンが期待できる外国為替保証金取引(FX)が日本の個人にも認められるようになり、人気を集めるようになったのです。

外貨預金とFX(外為取引)の違いは、外貨預金は主に高い預金利息を狙うのに対して、FXは金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差『スワップ金利』を狙います。

世界的に見ても希な低金利時代である日本では、この金利差を利用して金利の高い外貨を買うことで、大きな利益が得られやすい環境にあるということです。

≫「外貨預金と外国為替保証金取引(FX)の違い」の全文を読む
FXの特徴を知ろう||TOP↑
外貨預金を扱う金融機関は銀行です。
一方、FX(外国為替証拠金取引)を扱う業者は実に様々で、証券系、商社系、先物取引系、独立系などがあります。

取引条件も様々ですから、長期取引・短期取引(デイトレ)、自己資金などに合った取引業者の選択が可能です。
FXの特徴を知ろう||TOP↑
外貨預金はドルを買って預金します。つまり、ドル高の場合は利益が出て、ドル安の場合は損失が出るということになります。一方外為取引(FX)では、ドルが下落すると予想したら「ドル売り・円買い」という注文が出来ます。

つまりFXは、為替相場の動きに注目して、高くなるだろう通貨は「買い」、安くなるだろう通貨は「売り」というように、為替差益がプラスに転じるようにトレードが可能であり、極めて為替変動への対応度が高いと言えます。
FXの特徴を知ろう||TOP↑
外貨預金は1日に1度しかレートが変動しません。そのため、この日一番の買い時、あるいはこの日一番の売り時と予想した場合に身動きが取れません。

一瞬のレート激動にも対応が出来ないということは、大勝ちのチャンスも、みすみす逃してしまうことになりますね。同じ外貨取引でもFXのほうが資金効率が良いことが分かります。
FXの特徴を知ろう||TOP↑
外貨預金の取引手数料は、1ドル当たり1円以上(片道)で、外為取引では、10分の1程度というところが多いようです。(取引業者によって違いがあります)

たとえば、銀行の外貨預金口座に米ドルを預金して、1ドル=100円の時に1万ドルを日本円で引き出そうとした場合、手数料が1万円も取られてしまいます。

FXでは、この10分の1以下になり、銀行より遙かに有利だということになります。
FX会社には、オンライン取引をすると、手数料が全て無料となる会社もあります。
FXの特徴を知ろう||TOP↑
銀行の外貨預金とFXには、上記のような特徴や違いがあり、手数料その他で有利な投資商品であることが分かります。

FXは外貨の売り買いによって得られる差益を狙う投資商品ですが、一番の特徴は、取引会社に預け入れた証拠金(保証金)を、『レバレッジ(leverage)』を効かせて、数倍~数十倍の取引が出来ることです。

投資家の皆さんは、ある程度のリスクがあると承知で、この”レバレッジの魅力”にひかれて外為取引(FX)を始められる方も多いようです。

≫「外貨預金とFX(外為取引)の総合評価」の全文を読む
FXの特徴を知ろう||TOP↑
株式投資ではお馴染みの「成行」「指値」「逆指値」といった定番の注文方法は、FXでも全く同じです。

「成行注文」は、レートを指定せずに注文する方法。

「指値注文」は、買いたい(売りたい)レートを指定して注文する方法。

「逆指値注文」は、利益を確定、損失を限定するための注文する方法です。

これらのメリットとデメリットはどうなっているのでしょう?
FXの注文方法||TOP↑
FXは、あらかじめ売買するレートを設定しておいて、その設定したレートに相場が動いたときに、自動的に売買することが出来るようになっています。つまり、「自動売買」は想定するリスクを回避できるシステムです。

為替相場は24時間動いています。ずっとパソコンの前に張り付いているわけにはいきませんね。仕事で日中の為替相場の動きが確認できない人、家事に追われる人、夜には睡眠しなくてはなりません。。。

≫「「自動売買」を使いこなそう」の全文を読む
FXの注文方法||TOP↑
FX会社や通貨ペアによって、取引に必要となる最低証拠金が異なります。
また、「売値」と「買値」の差『スプレッド』も各社、通貨ペア毎に設定されています。

下記表は、1,000通貨単位からの取引が可能なオススメの2社
外為どっとコム『外貨ネクスト』 と サイバーエージェント『外貨ex』 における、
1万通貨当たりの必要証拠金、その場合のレバレッジ、取引にかかるスプレッドを一覧にしたものです。証拠金が多くなれば、必然的にレバレッジは低くなり、レバレッジを下げると必要証拠金は大きくなります。
小額から始めよう||TOP↑
ロスカット・ルールとは、ポジションまたは口座全体の評価損が、ある一定レベルに達したときに、さらなる損失の拡大を未然に防ぐために、その対象ポジション、または口座の全ポジションを反対売買により強制的に決済する制度のことです。

FXや外貨預金などの外国為替取引は、金融商品取引所で取り扱われる金融商品ではない※ことから、値幅制限という制度が存在しません。
(※金融商品取引所で取引されている外国為替取引も存在しますが、値幅制限は設けられていないため。)

≫「損失の拡大を防ぐ「ロスカット」」の全文を読む
ロスカットとは||TOP↑
ロスカットレベルを40%に設定したとき
預かり資産:10万円
1NZドル=40円で、1万NZドルの買いポジションを保有したある日の午後3時時点で、1NZドル=31円50銭まで円高(ドル安)が進行(=8円50銭 の急落)
(取引保証金4万円:レバレッジ10の場合)

評価損益金 = -8円50銭 × 10,000(NZドル) = -85,000円(85,000円の評価損)
有効保有額(担保の余力に相当) =
預かり資産100,000円 +((評価損益金)-85,000円) = 15,000円
維持率 = (有効保有額)15,000円 ÷ (取引保証金)40,000円 × 100(%) = 37.5%
ロスカットとは||TOP↑
スワップ金利で得られた利益をそのまま証拠金として新しいポジションを立てることを『複利運用』といいます。大きな資金を投入して運用する方であれば、複利運用に必要な資金(スワップ益)は、アッという間に貯まってしまうでしょう。

しかし、少ない資金で複利運用を考えた場合、1,000通貨単位の取引が可能な業者を利用したほうが効率が良くなります。取引単位が1万通貨だと、再投資に必要な資金(スワップ益)が貯まるまでの期間が1,000通貨単位が可能な場合よりも長くなります。

少額資金で複利運用を考えている方、特に初心者の方は、そうした運用が可能な業者を選ぶことをお薦めします。
小額から始めよう||TOP↑
投資の基本には分散投資、複利運用、そして長期運用などがあります。
それは、FXや株でも同様のことです。
FXで分散投資を考えた場合、取引する通貨を複数保有することでリスクが分散できます。
それでは、なぜリスクが分散できるのでしょうか?

通貨にはそれぞれの特徴があり、異なった値動きをします。相関性の高い通貨を複数保有した場合、値動きが似ているため急落した場合はリスクの分散にはなりません。そのため、通貨を選ぶ際は異なる値動きをする通貨を複数保有することでリスクが分散できるのです。

相関性の高い通貨を選んだ場合
豪ドル/円とNZドル/円、ユーロ/円とポンド/円を取引通貨ペアに選んだ場合(それぞれ似たような値動きをする傾向にある)


≫「リスクを減らしたい方は通貨の分散をしよう!」の全文を読む
FXを始める前に||TOP↑
2009年2月現在、日本は超低金利(0.1%)のため、スワップポイント(金利差調整分)狙いの取引を行う場合、相対的に金利が高い海外の買いポジションを持つと、スワップポイントが獲得しやすくなります。

スワップポイントは、金利が異なる通貨の売買によって発生する金利差調整分のことをいいます。日本円のような低金利通貨を売って、高金利通貨を買うということは、高金利から低金利を引いた差額分をスワップポイントとして受け取ることができるため、ポジションを持ち続けることでその分スワップポイントを獲得できるということです。

買いポジションの場合、高金利通貨を保有している間は発生したスワップポイントを獲得できますが、逆に売りポジションの場合は高金利通貨を売って、低金利通貨を買うことになるためスワップポイントを支払うことになります。

≫「長期保有が目的のスワップ狙い!」の全文を読む
スワップ金利とは||TOP↑
ポジションを長期保有する場合、レバレッジの設定には注意しましょう。
レバレッジを高めに設定すると、為替相場のわずかな下落でも大きな損失の発生が予想されます。もちろん、レバレッジを高く設定することで同じ保証金額でも取引額が増えるため、受け取るスワップポイントも増えます。しかし、その分為替相場の影響も受けやすくなるため、わずかな下落でもマージンコールやロスカットが発生する可能性が高くなるのです。

ポジションを長期保有する場合はレバレッジを低めに設定し、取引通貨も「ポンド/円」や「ポンド/米ドル」などのボラティリティの高い通貨を避けることで、相場変動によるリスクを抑えることができます。

つまり、スワップポイント狙いの長期保有の場合はレバレッジを低めに設定し、また取引通貨も高金利かつボラティリティ(変動率)の低い通貨を選択することで、スワップポイントが獲得しやすくなります。
スワップ金利とは||TOP↑
為替相場は常に変動します。スワップポイント狙いの長期的な運用の場合、レバレッジを低めに設定したとしても、相場の変動で為替差損が発生する場合があります。
この場合は、ストップ注文を上手く活用し、ストップ注文の値と実勢為替レートの値幅がポイントになります。

ストップ注文の値と実勢為替レートの値幅が狭すぎるとわずかな相場の変動で約定してしまいます。
ある程度、値幅を少し広めに設定することで、約定しやすくなるのを防ぐことができます。
ストップ注文の値は約定しない限りは変更できるため、こまめにレートをチェックできる場合は、相場状況に合わせてストップ注文の値を変更すると良いでしょう。

≫「便利なストップ注文を活用しましょう!」の全文を読む
スワップ金利とは||TOP↑
FXで利益を出す2つ目の方法が、低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことでスワップポイント(金利差調整分)を狙い利益を得る方法です。
買いポジションの「安く買って高く売る」という売買方法は、日本のような低金利通貨を売って、NZドルのような高金利通貨を買うため、発生したスワップポイントを獲得できます。
逆に売りポジションの「高く売って安く買い戻す」場合は、高金利通貨を売って低金利通貨を買うことになるため、スワップポイントを支払うことになるのです。
このように、スワップポイント狙いのお取引の場合は、高金利通貨の買いポジションが適しています。

≫「スワップポイントって?」の全文を読む
スワップ金利とは||TOP↑
ブログ内検索
カテゴリー
オススメの証券会社
Gain Capital Group Gain Capital Group

ループイフダン(ループ) ひまわり証券

選べる外貨 100×60
FXプライム byGMO

DMM.com証券
初心者でも安心して運用できる。お勧め♪

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへFXトレーディングシステムズなら24通貨リアル取引が可能だから便利

外国為替証拠金取引の外為オンライン外為オンライン
高水準のスワップポイント。使いやすさ、信用、NO.1

FXプライム1万円からの
FX取引は、
伊藤忠グループ
FXプライム


アイディーオー証券株式会社[アイディーオー証券]マスターFX2

クリック証券
すべてが好条件のクリックFXなら
クリック証券
(法人用)


リンク
プロフィール

上原

管理人:上原
これからFXを始める方は、どのFX取扱業者で口座開設をするのが良いのか迷うと思います。当サイトでは、FX 初心者の方でも分かりやすいように項目ごとに各FX業者の特徴を比較しています。これからFXを始める初心者の方もサブの口座を開設しようとしている中級者の方にもFX会社を選ぶ際の参考になるよう手数料、レバレッジ、通貨ペア、スプレッド、サービス、モバイル対応/非対応などでそれぞれのFX業者を比較しております。ぜひ参考にしてください!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。