上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告||TOP↑
FX会社や通貨ペアによって、取引に必要となる最低証拠金が異なります。
また、「売値」と「買値」の差『スプレッド』も各社、通貨ペア毎に設定されています。

下記表は、1,000通貨単位からの取引が可能なオススメの2社
外為どっとコム『外貨ネクスト』 と サイバーエージェント『外貨ex』 における、
1万通貨当たりの必要証拠金、その場合のレバレッジ、取引にかかるスプレッドを一覧にしたものです。証拠金が多くなれば、必然的にレバレッジは低くなり、レバレッジを下げると必要証拠金は大きくなります。
スポンサーサイト
小額から始めよう||TOP↑
スワップ金利で得られた利益をそのまま証拠金として新しいポジションを立てることを『複利運用』といいます。大きな資金を投入して運用する方であれば、複利運用に必要な資金(スワップ益)は、アッという間に貯まってしまうでしょう。

しかし、少ない資金で複利運用を考えた場合、1,000通貨単位の取引が可能な業者を利用したほうが効率が良くなります。取引単位が1万通貨だと、再投資に必要な資金(スワップ益)が貯まるまでの期間が1,000通貨単位が可能な場合よりも長くなります。

少額資金で複利運用を考えている方、特に初心者の方は、そうした運用が可能な業者を選ぶことをお薦めします。
小額から始めよう||TOP↑
ブログ内検索
カテゴリー
オススメの証券会社
リンク
プロフィール

上原

管理人:上原
これからFXを始める方は、どのFX取扱業者で口座開設をするのが良いのか迷うと思います。当サイトでは、FX 初心者の方でも分かりやすいように項目ごとに各FX業者の特徴を比較しています。これからFXを始める初心者の方もサブの口座を開設しようとしている中級者の方にもFX会社を選ぶ際の参考になるよう手数料、レバレッジ、通貨ペア、スプレッド、サービス、モバイル対応/非対応などでそれぞれのFX業者を比較しております。ぜひ参考にしてください!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。